大河ドラマ館、再開

ローカルトレンド

岐阜県恵那市周辺の情報をお伝えしていく「ローカルトレンド」。第2回でご紹介するのは、恵那市南部の明智町にある「麒麟が来る ぎふ恵那 大河ドラマ館」です。

レトロな洋風建築を活かした大河ドラマ館(5月22日より再開)

現在NHKにて放送中の大河ドラマ「麒麟が来る」の世界観をわかりやすく展示しており、今年の1月から来年1月(予定)までの期間限定で開設されました。このところ、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から休館となっていましたが、なんと本日5月22日から再開されます。残念ながらドラマ本体のほうは撮影が中断しており、6月7日の放送をもって一時休止となるようですが、再開を楽しみにしながらFCVに乗って出かけてみてはいかがでしょうか。

【開場時間】9:00〜17:00(最終入館受付16:30)       

【アクセス】岐阜県恵那市明智町1304-1 大正ロマン館1階

【駐車場】付近に駐車場はありません。大正村駐車場(無料)をご利用ください。

【入場料金】400円(大人)

初夏の恵那峡

ローカルトレンド

私たちの水素ステーション恵那があるのは、緑豊かな山に囲まれた岐阜県恵那市。その周辺の最新情報をお伝えしていく「ローカルトレンド」をお届けします。

記念すべき第1回は恵那を代表する景勝地、「恵那峡」。

恵那峡を水上からめぐる遊覧船(現在休業中)

この3月末には数年にわたった公園リニューアル工事を終え、ダム湖を望むウッドデッキ(例年夏に行われる花火大会の特等席となること間違いなし)や、休憩所を兼ねたビジターセンター、無料駐車場の拡充などが行われました。

桜の名所としてよく知られていますが、大型連休を過ぎた今は湖面から届く風が本当に心地よく、徒歩での散策に最適。なかなか外出することは難しい状況が続いていますが、楽しめるときが来ましたらぜひFCVに乗ってお出かけください。

webメディア リニューアル

水素ステーション恵那の新着情報をお届けしている当ページですが、これまでの情報を更にパワーアップさせたwebメディアとして、新しくスタートすることとなりました。

コンセプトは「FCVのある上質な暮らしと旅」。

どうぞお楽しみに。

よくある質問 1

Q.1 一回の充填でどの程度走れますか?
走り方によります。
TOYOTAのMIRAIは、カタログデータで航続距離635キロとされています。
実際には、500キロ程度は走ります。

Q.2 一回の充填にどのくらい時間が掛かりますか?
充填にかかる時間は、3分から5分といったところです。
ガソリンを満タンにする程度の時間と考えてください。

Q.3 水素の充填に予約は必要ですか?
必要ありません。
山本石油水素ステーション恵那は、定置式の水素ステーションです。
営業時間の差はありますが、日曜日と定期点検中以外は毎日開いています。
お好きな日にご来店ください。

ガソリンスタンドの挑戦 山本石油㈱が水素ステーションを開設

~弱小水素ステーション事業者の小さな水素ステーション~

山本石油株式会社(以下、山本石油)では、このたび2017年度中の完成を目指し、岐阜県恵那市に『山本石油水素ステーション恵那(仮称)』を開設することになりましたのでお知らせいたします。

国の掲げる「水素・燃料電池戦略ロードマップ」では、2020年までに160ヵ所程度の水素ステーションを整備する事を目指しています。この度、本年度より水素供給設備の補助金が変更され、更なる普及が期待されております。

山本石油では、2015年度より水素ステーションの開設の為に取り組んでまいりましたが、この度、2017年度完成を目標に水素ステーションを開設する事を決定いたしました。

山本石油は創業1911年の創業より、長らく燃料販売を行ってきました。燃料販売経験の上に、今後の燃料として国の進める水素・燃料電池の将来性を検討し、新たな自動車用燃料として水素・燃料電池への取り組みを開始します。

※パッケージ型充填ユニットイメージ

本ステーションは、主要機器類をユニット化してパッケージ内に収める方式を採用し、省スペース化・現地工事縮小による建設コスト削減、必要電力の減少によるコスト削減を図ります。また、水素燃料自動車の普及による充填台数の増加にも対応できる形を検討しております。

山本石油は、地方都市の中小企業であり、「弱小の水素ステーション事業者」として水素ステーション事業に挑戦していきます。そして、今回の挑戦が今後の水素ステーション事業に関する一つのモデルケースとなりえるのではないかと考えております。

開所日などに詳細に関しましては、随時プレスリリースを発信させていただきます。 続きを読む ガソリンスタンドの挑戦 山本石油㈱が水素ステーションを開設