水素ステーションのしくみ③

Hydro World

水素社会を支えるしくみについてお届けしてきましたHydro World。前回、前々回に続き3回目となる水素ステーションのしくみについてのお話です。今回は、水素ステーションを支える安全対策についてお伝えします。

「水素」というと、理科で学んだ特徴は「燃えやすい」ということです。つまり、取り扱いを間違えれば「水素爆発」と呼ばれるような大規模な事故を起こす可能性があります(2011年に福島第一原子力発電所で発生した建屋の爆発は、水素爆発と考えられています)。しかし、もう一つの特徴である「軽い」という性質に注目すれば、上に向かってどんどん広がっていくため、安全に放散させることができます。

その性質を理解した上で、水素ステーションでは様々な安全対策がとられています。

〈5つの主な安全対策〉

①水素をもらさない

②もれたら早期に検知し拡大を防ぐ

③水素がもれても留まらない

④もれた水素に火がつかない

⑤万が一、火災などが起こっても周囲に影響を及ぼさない、または影響を軽減する

㈱ENEOS水素サプライ&サービスのHPより引用(https://www.eh.jx-group.co.jp/hydrogen-energy/use-safely/)

次回はそれぞれの安全対策について解説していきます。お楽しみに!