新型MIRAIついに登場!

Hydro World

このページをご覧いただいている皆さまなら、とっくにご存知かもしれません。すでに数回にわたり紹介してきましたが、12月9日、ついに、とうとう、2代目MIRAIが発売開始となりましたー!一言でいうと、ザ・高級車やな…。というのが筆者の率直な感想です(語彙力なくてすみません)。

個人的な感想ですが、初代はプリウスのようなイメージでした。ハイブリッドカー(HV)という新しいジャンルを開拓したときのように、一瞬違和感を覚えるようなスタイルでした。「これがクルマの形なのか?」というように。そう思うと2代目はクラウンやカムリのような、「シュッとしてる」高そうなクルマのイメージそのものです。(実際、購入価格は710万円〜!補助金等あるとしても高級!)

水素で走るFCV(燃料電池車)の普及には、水素ステーションなどのインフラをはじめ様々な課題が残っていますが、やはり価格は気になるところ。トヨタとしては、この2代目MIRAIが機能以上に乗りたいと思えるクルマを目指して開発したという話があります。一度乗ってみたい、憧れのクルマとしてのポジションを獲得して、FCVユーザーの数を増やしていくことができるのか。それによって価格面でのハードルを下げることが出来るのか。MIRAIの描く未来が気になりますね!