新型MIRAIついに登場!

Hydro World

このページをご覧いただいている皆さまなら、とっくにご存知かもしれません。すでに数回にわたり紹介してきましたが、12月9日、ついに、とうとう、2代目MIRAIが発売開始となりましたー!一言でいうと、ザ・高級車やな…。というのが筆者の率直な感想です(語彙力なくてすみません)。

個人的な感想ですが、初代はプリウスのようなイメージでした。ハイブリッドカー(HV)という新しいジャンルを開拓したときのように、一瞬違和感を覚えるようなスタイルでした。「これがクルマの形なのか?」というように。そう思うと2代目はクラウンやカムリのような、「シュッとしてる」高そうなクルマのイメージそのものです。(実際、購入価格は710万円〜!補助金等あるとしても高級!)

水素で走るFCV(燃料電池車)の普及には、水素ステーションなどのインフラをはじめ様々な課題が残っていますが、やはり価格は気になるところ。トヨタとしては、この2代目MIRAIが機能以上に乗りたいと思えるクルマを目指して開発したという話があります。一度乗ってみたい、憧れのクルマとしてのポジションを獲得して、FCVユーザーの数を増やしていくことができるのか。それによって価格面でのハードルを下げることが出来るのか。MIRAIの描く未来が気になりますね!

恵那峡ウィンターイルミネーション

ローカルトレンド

12月に入りましたが、例年と思うと暖かめな日が続いている恵那エリアです。さて、空気が澄み渡るこの時期のお出かけの定番といえば、イルミネーション。恵那市内各地でも趣向を凝らしたイルミネーションスポットがいくつもありますので、FCVに乗って回ってみるのもいいかもしれません。その中の一つ、恵那峡のイルミネーションについて今回はお伝えします。

恵那峡の公園が今年の3月にリニュアルオープンしたというお話は何度かお伝えしたと思いますが、その綺麗に整備された公園全体を活用してイルミネーションが展開されています。

イルミネーションのシンボルとなる高さ約5mのツリー

クリスマスをイメージしたツリーや、恵那峡のシンボルであった藤の花(とても大きな藤棚がありました)を彷彿とさせる紫色のトンネルなど、広い公園全体をゆっくり歩いて回ることができます。

藤が頭上から垂れる様子を表現したトンネル

12月12,13日の週末には、地元のハンドメイド作家さんの出店による「クリスマスマーケット」などもあり、イルミネーション期間中も様々なイベントが計画されています。イルミネーションは入場無料で見学できます。温かい格好をして、恵那峡へぜひ足を運んでくださいね。

【実施期間】2020年12月1日(火)〜2021年2月14日(日)

【イベントホームページ】https://peraichi.com/landing_pages/view/enakyoillumination